もちくすブログ ーお外で遊ぼうー

40代サラリーマンの雑記帳 メインはアウトドア関係でキャンプとかバスフィッシングの記事を書いてます。

【ソロキャンプ】サイバトロンバックパックを背負って日常から飛び出そう

スポンサーリンク

[最終更新日:2019.7.18]

 

こんにちは。

もちくすです。

 

毎日ストレス社会で戦っている皆様。

大変お疲れ様です!

 

私も毎日好き放題言われてストレスマッハマッハです。

 

もうね、サイバトロンのバックパック一つ担いで日常から飛び出しちゃいましょう!

 

日常から飛び出すときは身軽の方がいいです。

できればバックパック一つで。

 

理由は単純です。

荷物が少ないほうが日常から切り離されます。

 

荷物を沢山持っていくと快適度は上がりますが日常生活と変わらなくなってきます。

しかし減らしすぎてもキャンプを楽しめなくなってしまうので難しいとこですが。

 

その辺りのバランスを試行錯誤するのが楽しいところでもありますね。

 

www.mocchixblog.work

 

私はコンパクトに荷物をまとめるときは「サイバトロン」のバックパックを良く使います。

 

登山用のバックパックでも良いのですが、ミリタリー色が強くこれを背負うと「よし!いっちょ行くか!」とテンションが凄く上がります。

 

今回は私のお気に入りのサイバトロンバックパックを、メリットデメリット合わせて紹介します。

 

 

 

メリット

見た目がカッコいい

なんだ、見た目かよと言われそうですが見た目は重要です。

キャンプへ行くテンションが変わります。

 

ごらんの通りミリタリー色が強く、これを背負って設営場所に向かうだけですでに気分はサバイバルです。

 

もうこの時点で気持ちは日常から切り離されてます。

 

ああっ!高まるぅぅ!

f:id:mocchixblog:20190315231626j:plain

f:id:mocchixblog:20190315231709j:plain

 男性が背負うとワイルドでカッコいいです。

 

しかし、個人的な趣味を申し上げますとぜひ女性にこれを背負って頂きたい!

できればフワフワロングスカートとか履いて頂いて。

 

ギャップで萌え死にます。

 

まじ、ソロキャン女子はこれを背負ってくれたまえ。

うん、個人的趣味だからね。

 

MOLLEシステムが便利

MOLLEシステムとは

Pouch Attachment Ladder System(ポーチ・アタッチメント・ラダー・システム、PALS、パルス)は、米軍ネイティック兵士センターによって開発された装備品の取り付けシステムである。タクティカルベストやバックパックといったプラットフォームに、弾倉用ポーチや各種アクセサリーを容易かつ頑丈に取り付けることができる。 MOLLEとも呼ばれている。

 

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

まあ、簡単に言えば色々装備をカスタムできるシステムのことです。

自分好みにカスタムできますので工夫しだいではとても便利です。

 

構成は37Lのメインバッグと両サイドにサブポケットがついています。

 

サブポケットは取り外し可能で、メインバッグのみで使用したり別のバッグに変えてカスタムすることができます。

 

f:id:mocchixblog:20190315232344j:plain

 

メインのバッグのみでタウンユースも良いかもしれません。

  

あと、私の場合は小物用に小型の4WAYバッグを追加購入し背面に取り付けてます。

このバッグはもちろん単体としても使うことができます。

 

  

f:id:mocchixblog:20190315232816j:plain

 

f:id:mocchixblog:20190315232857j:plain

当然このほかにもモールシステム対応の ポーチやアクセサリーなどが沢山販売されていますので、自分好みのモジュールを探してカスタムしてみてください。

 

カラビナやベルトを使って色々外付けするのもカッコいいです。

収納箇所が沢山あるので整理しやすい

メインの収納スペースは完全に開くことができるので非常に収納しやすいです。

f:id:mocchixblog:20190717232222j:plain

 

またポケットが沢山あるので収納場所をあらかじめ決めておけば、必要な時に必要なものがすぐ取り出せます。

f:id:mocchixblog:20190717232636j:plain

f:id:mocchixblog:20190717232700j:plain

 

サブポケットが大きい

サブポケットが結構大きく、ソロ用テントやダウンシュラフ程度ならこれに入ります。

 

参考ですが、私の所有するバンドックソロドームはポール以外はこれに収納できます。

 

f:id:mocchixblog:20190315233312j:plain

 

 

頑丈

生地が分厚く少々手荒に扱っても大丈夫な安心感があります。

 

安い

ここまで機能がついて¥8,000です。

私的にはお値段以上の買い物でした。

  

デメリット

重い

生地が分厚いため、結構重いです。

また、MOLLEシステムのせいで色々なものが付きすぎて更に重いです。

バランスもあまり良くなく長時間背負うのはしんどいと思います。

 

メインバッグの容量が少ない

メインバッグは37Lということですが、実際はもう少し小さい気がします。

サイドには結構入るのでパッキングの工夫が必要になるかもしれません。

スポンサーリンク

 

 

まとめ

見た目ほどたくさん入りませんが、外付けや追加バッグとかでの補完が必要かもしれません。

それでも、冬場以外のソロキャンプでしたら十分これで対応できると思います。

また、MOLLEシステムで自分だけのバッグにカスタムする楽しみもあります。

 

このバックパックを背負って出かければ日常から解放されること間違いなしです。

f:id:mocchixblog:20190623011828j:plain