もちくすブログ ーお外で遊ぼうー

40代サラリーマンの雑記帳 メインはアウトドア関係でキャンプとかバスフィッシングの記事を書いてます。

キャンプ場で遭遇した変態さん達のお話

スポンサーリンク

こんにちは。

もちくすです。

 

キャンプって健全な趣味ですよね。

 

 しかし、キャンプが健全だからと言って周りの人間が健全とは限りません。

 

負のオーラをまとった方たちは少なからず我々の周りに存在します。

 

しかし、他人に迷惑をかけなければ性癖についてとやかく言う気はありません。

 

ただできれば出没場所は選んで欲しいと思います。

 

人気のない場所で出会うと怖えーんだよ。

 

そんな私がキャンプ場で遭遇した変態さんたちを紹介します。

 

f:id:mocchixblog:20190317104933j:plain

 

 

ケース1

比較的町中にある公園内のキャンプ場でソロキャンプをしてた時のことです。

週末は込み合うので、平日に休みを取ってソロキャンプをしていました。

 

そこは結構大きい公園でキャンプ場はその一部に併設しており、夜中でも結構人は多いです。

夜中でも散歩やジョギングをしている人もチラホラいます。

 

そのキャンプ場は、込み合うので普段は避けるのですが、たまたま平日に休みをとれたしキャンプ気分を味わうには手頃なので久々にそこでやってました。

 

夜中コーヒーが飲みたくなって、キャンプエリアの少し外の自販機に買いに行った時のことです。

 

コーヒーを買って戻りかけたとき、木の陰にふと人の気配を感じたので見てみると、

やたら露出度の高い女性ものの服を着た・・・・オッサン!?

 

どう見てもオッサンのそれは、また別の普通のオッサンと何やら話をしています。

 

しかも、どうやらその二人は顔見知りではないような雰囲気。

 

唖然として見ていると、私の視線に気づいたようで二人で森の奥に消えていきました・・・

 

その後何が行われたのか・・・。

 

想像したくありません。

 

アッー!

 

ケース2

ケース1と日を同じくして起こった出来事です。

 

その日のソロキャンプは平日なのに完ソロではなく、私が到着したときにはすでにもう一組いました。

 

見た瞬間、金髪ロン毛の二人組で「うわヤンキーかよ。一晩一緒なのいやだな」とか思っていたらなんと外国女性の二人組でした。

 

いそいそテントを設営しているとき、一人が前を通り過ぎたのでお顔を拝見しましたが若くて美

会釈して頂きましたが、ワタクシドキドキしてしまいました。

 

夜も更けお二人はテントの中へ、私は飲みながら一人焚き火を楽しんでいた時です。

 

キャンプ場の目の前には比較的大きな公衆トイレがあるのですが、トイレの前に一人の男性が。

 

公園内のトイレですので、別に人がいてもおかしくはないのですが時間は深夜2時頃

 

さすがに怪しいので様子を伺っていました。

 

ちなみにキャンプ場内は結構暗く、トイレからはこちらの様子はわかりません

 

しばらく見ていると、最初は男性トイレに入ったのですがすぐ出てきて女性トイレに入っていきました!

 

はい、変態確定!

しかも二人目かよ。

 

f:id:mocchixblog:20190317112019j:plain

 

どうしたものか思案していると、キャンプ場にコソコソ入ってきて外人女性二人のテントに近付いていってます。

 

さすがにまずいと思い強めに声をかけ何をしてるのか尋ねました。

 

まさか人が出てくるとは思わなかったのか、相手は一瞬目が泳ぎましたが「キャンプの下見に来た」などとのたまいやがりました。

 

いやいや、深夜2時やで?

 

しかも、トイレ覗いてたやん

 

トイレを覗いてたのを指摘するとますます挙動不審になり「トイレも下見や」とか意味不明な事を言いつつ逃げていきました

 

少し追っかけましたがあきらめて、一応公園の管理事務所に報告しその日は就寝しました。

 

でも、やはり気になって熟睡することはできませんでした

 

とにかく女性二人に何もなくて良かったです。

 

まじ気をつけてください

ケース1の場合は一応こちらには害はなく、趣味を楽しんでいらっしゃるのでまあ言うことはありません。

 

できればもっと人目につかないとこでやってほしいモノですが・・・、いや人目につかないとこでやっていて、私が居合わせただけなのかもしれませんが。

 

ケース2完全に犯罪です。

 

何もなくて良かったですが、もし私が居合わせていなかったらと思うとゾッとします。

 

いや、逃げたから良かったものの逃げずに襲ってきたら?

 

町中のキャンプ場なので変態さんの出没率は高いのかもしれませんが、郊外のキャンプ場でも安心はできません。

 

最近は女子ソロキャンパーさんも増えてきていますので、場所選びや自衛手段を十分検討してください。

 

女子ソロキャンプの場合は、できれば無人のキャンプ場は避け管理人さんが常駐しているような場所を選ぶことをお勧めします

 

ご安全にキャンプを楽しんでくださいね。

 

しかし、一日で二人も変態に遭遇するワシっていったい・・。