もちくすブログ ーお外で遊ぼうー

40代サラリーマンの雑記帳 メインはアウトドア関係でキャンプとかバスフィッシングの記事を書いてます。

パスファインダーのキャンティーンを焚き火に突っ込んで無骨キャンプがしたい

スポンサーリンク

こんにちは。
もちくすです。

 

今回も増税に便乗してのお買い物です。

 

クッカーは今のところ手持ちのもので十分なので今まで見送っていたのですが、増税を理由に買ってしまいました。 

www.mocchixblog.work

 

最近ドンドン物が増えており、なんだか奥様から怒りのオーラが漂ってきてますがその辺はキニシナイ。

 

購入したのは「PATHFINDER(パスファインダー)」の「キャンティーン クッキングセット」です。

 

これはもう完全にロマンと勢いで買いました。


私がキャンプに求めているのは非日常であります。

 

日常で水筒を火の中にぶっ込むことはありませんよね?

f:id:mocchixblog:20190927151735j:plain

こんなんカッコ良すぎるでしょ。

 

もうこれがやりたくて買ったようなもんです。


それでは早速紹介したいと思います。

  

 

PATHFINDER(パスファインダー)とは

モーラナイフの公認グローバルアンバサダーを務めるデイブ・カンタベリー氏が立ち上げたアウトドアギアのブランドです。

f:id:mocchixblog:20190928001757j:plain

モーラナイフの公認グローバルアンバサダーとか言われても、なんだかよく判りませんがどうやらその筋のエキスパートでYoutubeでも絶大な人気を誇っているとか。

 

またサバイバルスキルを教えてくれる「パスファインダースクール」も開催しこちらもかなりの人気だそうです。

 

ちなみに著書の「ブッシュクラフトの教科書」は私も読んだことありますが、絵は少なめですがかなりの情報量でブッシュクラフトに興味がある方は一読の価値はあります。

 

ぜひ手一度に取ってみてください。

少しそれましたが、そんな「いかにも」なオジサンのブランドの「いかにも」なギアはなかなかそそるものがあります。

 

今回はこの中からずっと気になっていた「パスファインダーキャンティーン クッキングセット」を購入しました。

 

 PATHFINDER Canteen Cooking Set

キャンティーンとはいわゆる水筒で特に軍人が持っているような物を言います。

このセットはそれに飯盒やストーブがついています。

 
ミリタリー色の強いギアですが、そもそもキャンプ用品と軍物は非常に親和性が高いのでどうしてもそっちの色が濃くなってしまいますね。

 

だがそれがいい!

 
全身軍物は若干引いてしまいますが、上手く取り入れているキャンパーさんはカッコいいですね!

 

で箱はこんな感じ。

f:id:mocchixblog:20190927133137j:plain


ギアは完全にスタッキングでき付属のかばんに入れることができます。

f:id:mocchixblog:20190928004706j:plain


ちなみにモールシステムにも対応しており対応のバックパックにも取り付けることができます。

f:id:mocchixblog:20190927133154j:plain

 この辺もそそる部分ですね。

 

www.mocchixblog.work

 

全容はこんな感じ。

f:id:mocchixblog:20190927133159j:plain

 

飯盒の中は目盛りがついていて地味にありがたい。

f:id:mocchixblog:20190927133209j:plain

 

キャンティーンの蓋は樹脂製なので火にかけるときは外しておかないとダメです。 

f:id:mocchixblog:20190928000521j:plain

本体はステンレスなので遠慮なく焚き火にぶち込んで下さい。

 

飯盒の取っ手は熱くなってもナイフとかで持ち上げることができます。

f:id:mocchixblog:20190928000535j:plain

ブコツでかっこいいです。

まあ手袋つかうので多分こんなんしないけど。

 

蓋は結構しっかり閉めることができる上に蒸気抜きの穴もあるので、炊飯しても浮くことはなさそうです。

 

ストーブは五徳として使用したり、焚き火台として使用できますが正直これの出番は少ない気がします。

f:id:mocchixblog:20190928000545j:plain

f:id:mocchixblog:20190928000549j:plain


アルコールストーブを使うときに持っていくくらいですかね。

f:id:mocchixblog:20190928001234j:plain

 

あとは焚き火にキャンティーンを突っ込むにはこういった吊るすハンガーが必要です。

さすがにこれは作れそうなので適当に作りました。

f:id:mocchixblog:20190927133228j:plain


こんなんでもまあ十分でしょ。

f:id:mocchixblog:20190927133234j:plain

 

まとめ

利便性でいえばもっと良いのもありますが、雰囲気アイテムとしては最高です。

使い方は焚き火に突っ込んですすだらけにするのが正義!

 

ソロならばこれとスキレットがあれば十分かなと思います。


ファミキャンには・・・多分向かないと思います。

 

正直ステンレス製でなかなか重たいのですが、それを差し引いても持っていきたい魅力があるギアですね。

 

あとはこれを焚火に突っ込むだけですがなかなかキャンプに行けないのが辛いとこです。