もちくすブログ ーお外で遊ぼうー

40代サラリーマンの雑記帳 メインはアウトドア関係でキャンプとかバスフィッシングの記事を書いてます。

【ソロキャンプ】DUGの焚火缶を全力でおすすめします

スポンサーリンク

こんにちは。

もちくすです。

 

いやー、キャンプブームですねぇ。

どうやら、トランギアのメスティンがえらく高騰してるとか。

 

私もメスティンを所有してますが、たしか¥2,000しなかったと思います。

 

確かにメスティンは便利ですが、何倍ものお金を出してまでのもんじゃないと思います。

実際、私のメスティンも出動頻度は結構減っていますし。

 

今、私がメインに使用しているクッカーはDUGの焚火缶です。

 

トップ画の写真もそうですね。

 

f:id:mocchixblog:20190226160353j:plain

 

ソロキャンプはもちろんファミリーキャンプにもおすすめですよ。

 

焚き火に最適

吊り下げ用のつるがついていて、焚き火にかけるのに適してます。

トライポッドがあれば簡単に高さ調整等ができます。

 

しかし、そんなことはどうでもいい!

 

なんせ、無骨でカッコいいのだ

 

焚き火で使うとすぐに煤けていくし、薄いアルミ製なのでぶつけるとすぐへこむし造りは荒いし・・・。

 

だがそれがいい!!

 

焚き火ってロマンなんです。

便利だけを追求するならカセットコンロを使えば良いんです。

おしゃれとは程遠いんです。

 

薄汚れてへこんだクッカーが焚き火にはよく合う!

 

異論は認めん!!

ハアハア。

 

すいません。興奮しました。

 

しかし、後に述べる理由なんて吹き飛ぶほど、無骨で焚き火によくマッチします。

これだけで飯3杯は食えますよ。

 

種類は3種類

大きさがS/M/Lの3種類になり、もちろんスタッキングできます。

f:id:mocchixblog:20190314231935j:plain

f:id:mocchixblog:20190314231456j:plain

 

  • サイズ S/本体:103H×127mm(径)(1160ml) 蓋:51H×122mm(径)(440ml)、M/本体:110H×153mm(径)(1880ml) 蓋:47H×146mm(径)(620ml)、L/本体:122H×180mm(径)(2960ml) 蓋:48H×175mm(径)(980ml)
  • 重量 S/本体:117g 蓋:71g、M/本体:150g 蓋:78g、L/本体:203g 蓋:104g
  • 材質 アルミニウム(アルマイト加工済) 取手:ステンレス
  • 付属品 ナイロンケース
  • 総重量 722g

 引用元:Amazon

 

SサイズにはOD缶を入れることができますができればバーナーではなく焚き火で使って欲しい・・

 

ソロストーブ・ライトもぴったり入るサイズです。

 

 

 

 蓋はフライパンや取り皿になります。

 

f:id:mocchixblog:20190314231815j:plain

 

 

フライパンにすると、焦げやすいのでアルミシートなどを使うと後が楽です。

無骨ではありませんが・・・。

  

www.mocchixblog.work

 

私はS/M/Lの3種類を持っていますがLサイズは使ったことがありません。

ソロで行くときはSとMだけあれば事足りると思いますよ。

 

こんなん↓があれば便利です。

f:id:mocchixblog:20190314231732j:plain

f:id:mocchixblog:20190314232023j:plain

 

私はケリーケトルのクッカーセットの付属品を使ってますが、Amazonでもお安く買えますよ。

 

安い!

S/Mセットで¥2,000程度、S/M/Lでも¥3,600くらいです。

今、メスティンを買うより絶対いいですよ。

 

あとは炊飯、鍋物、炒め物などメスティンでできることはなんでもできると思います。

 

使い込む楽しみ

最初にも書きましたが、使い込めば込むほど良い味が出ます

 

購入時はおそらく個体差があると思うので、調整が必要かもしれませんがそれも楽しみの一つです。

(私のはつるが上向きに固定できないので、金具をペンチで調整しました)

 

 

f:id:mocchixblog:20190314234545j:plain

 


ぜひ、自分好みに育ててやってください!

 

まとめ

 

買うしかない!

 

以上