もちくすブログ ーお外で遊ぼうー

40代サラリーマンの雑記帳 メインはアウトドア関係でキャンプとかバスフィッシングの記事を書いてます。

【スリングショット猟】新しいスリングショットを買いました!ターゲットの狙い方は?

スポンサーリンク

こんにちは。

もちくすです。

 

朝晩だいぶ涼しくなってきてめっきり秋めいてきました。

 

外でも過ごしやすくなって、外遊びが最高なシーズンになってきましたね。

 

週末が待ち遠しくてソワソワしている方も多いのではないでしょうか?

 

もちろん私も例外ではないのですが、今年は特に気になっているのが11月15日から始まる狩猟期間です。

 

狩猟可能な期間は原則11月15日から2月15日までとなっており、ハンターさんたちはこの日を心待ちにしています。

 

私は昨年から狩猟に興味を持ち、狩猟免許取得に動き出しましたが残念ながら今年は免許取得することはできませんでした。

 

まだまだ諦めてませんが、狩猟免許取得にはもうしばらく時間がかかりそうです。

 

ただ、狩猟免許がなければ狩猟できないかと言えばそうではなく、いろいろと制約や法令尊守の義務はありますが「自由猟法」での狩猟は可能です。

 

昨年からこの自由猟法での狩猟に挑戦しています。

 

具体的には「スリングショット」を使用したスリングショット猟になります。

 

昨年私が使ったスリングショットは、「フォールディングファルコン」という如何にもと言った形状の物なのですが、これがまた引きにくい・狙えない・当たらないといった代物でした。

f:id:mocchixblog:20201004002544j:plain

海外のスリングショット猟の動画を見ているとこういった形状のスリングショットではなく、所謂パチンコと言った形状でチューブゴムではなく平ゴムのものを使っています。

 

先日、Amazonを見てたら以前はほとんど扱っていなかったスリングショットが復活していたので、試しに平ゴムタイプの物を購入してみました。

 

これがまた・・・・、買って正解でした。

 

めちゃくちゃ当たる様になってびっくりです!

 

スリングショット 平ゴムタイプ

今回購入したのはこういった形状の物です。

f:id:mocchixblog:20201004004029j:plain

 

購入時は平ゴムはセットされておらず付属されてました。

f:id:mocchixblog:20201004004419j:plain

こういった感じでバラバラになって送られてきました。

 

説明書はありませんが特に組み立てで難しいところはありません。

f:id:mocchixblog:20201004005519j:plain

本体は約200gと中々ずっしりとしています。

 

金属製の本体を木製グリップで挟み込んでいるので、強度的にも全く心配なしです。

 

正直ここまで強度は要らないと思うのでデザイン的なものでしょうね。

 

平ゴムは本体に挟み込んでねじで締めるだけです。

f:id:mocchixblog:20201004005034j:plain

引っ張ったとき平ゴムが外れてしまわないか、少し心配でしたが全く問題ありません。

 

ターゲットマークは3種類あり付属のイモネジで取り付けます。

f:id:mocchixblog:20201004005348j:plain

私は一番シンプルな奴を付けました。

 

ターゲットマークは自分で調整します。

 

調整方法は後述します。

 

 

早速撃ってみた

平ゴムを引っ張ってみると、フォールディングファルコンより全然引きやすい!

 

フォールディングファルコンはゴムを引いたまま保持するのが苦しかったけど、平ゴムは全く平気です。

 

そこまで力が要らないので構えも安定します。

 

5mほど離れてターゲットボックスに向かって撃ってみました。

f:id:mocchixblog:20201004014616j:plain

流石に金属球を家の中で撃つのは怖すぎるので、弾は0.25gのBB弾です。

 

ちなみに、重めの弾の方が弾道は安定しますよ。

 

????

 

いきなり当たったんですけど?

 

試しに5発撃ってみたところこんな感じになりました。

f:id:mocchixblog:20201004014433j:plain

ほぼ練習なしでコレです。

 

調子に乗ってガンガン撃ってみましたが、恐ろしいほど命中率が上がりました。

 

スッゲー楽しい!!

 

明らかにフォールディングファルコンより当たるし、恐らく威力もこっちの方が上です。

 

ゴムが柔らかい分、限界まで引けるので弾速も相当上がっていると思います。

 

これなら充分スリングショット猟で使えます!

 

フォールディングファルコンに比べてコンパクトなので持ち運びも楽だし、早く買っとけば良かった。

 

スリングショットの狙い方

スリングショットはこのように横向きで構えます。

f:id:mocchixblog:20201004015342j:plain

 

狙うイメージはこんな感じです。

f:id:mocchixblog:20201004015941p:plain

弾の軌道と目線が違うのでこの位置がピッタリ合うところを狙います。

 

私は5mでこの距離が合うようにターゲットマークを調整しています。

f:id:mocchixblog:20201004020314j:plain

 

恐らくスリングショットで狙えるのは、私の技術では最長で10mが限界なのでこれで十分です。

 

左右方向はこんな感じで狙います。

f:id:mocchixblog:20201004020500p:plain

 

 判りにくくてスイマセン(笑)

 

目線とスリングショットのゴムとターゲットが一直線になるようにすると良いです。

 

平ゴムはこれが非常にやりやすいのでかなり狙いが正確になります。

 

狙う時は両目で狙った方が良いです。

 

最初は片目で狙ってましたが両目で狙うことで距離感が判りやすく、両目に変えてから精度がかなり上がりましたよ。

 

気になる点

良いことずくめの平ゴムタイプですが1点だけ欠点があります。

 

ゴムが切れやすい!!

f:id:mocchixblog:20201004021029j:plain

この部分のゴムが結構すぐに切れます。

 

100発程度撃つと切れてしまうので、頻繁にゴムを変えないといけません。

 

交換用のゴムは必須です。

 

将来的には自作するのもありかも知れませんね。

スポンサーリンク

 

 

まとめ

フォールディングファルコンは如何にも狩猟用といった感じなので購入しましたが、間違いなくこちらの平ゴムタイプの方が良いです。

 

ターゲッティングしやすく威力もかなりあります。

 

試しに屋外で8mm鉄球で10mほど離れてアルミ缶を打ちましたが、余裕で貫通しましたよ。

 

今期はこれが強力な武器になると思います。

 

何とか獲物が獲れるといいなぁ・・・。

 

それでは!

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村ランキング・人気ブログランキング参加しています!
「いいね」と思ったら↓↓↓クリックお願いします!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 


人気ブログランキング