もちくすブログ ーお外で遊ぼうー

40代サラリーマンの雑記帳 メインはアウトドア関係でキャンプとかバスフィッシングの記事を書いてます。

【初心者向け】3万円から始めるソロキャンプ

スポンサーリンク

こんにちは。

もちくすです。

f:id:mocchixblog:20190228224346j:plain

 

最近、私の周りでもキャンプを始めてみたいという声をチラホラききます。

 

しかし、いざキャンプを始めようと思ってもどんな道具を揃えればいいのか迷いますよね。

実際、私はかなり迷いました。

 

キャンプを始めても途中で飽きてしまったらとか考えると、本格的なものを揃えるのは躊躇します。

かといって、安いものを買って失敗するのは嫌ですよね。

 

そんな悩める皆様のために、できるだけお金をかけずなおかつ使えるキャンプ道具一式をチョイスしてみました。

 

ここから始めるとすんなりキャンプデビューできるはずです。

 

しかもすべてアマゾンで揃います(笑)

 

おススメする人

今回チョイスしたのは、キャンプが続くかどうか迷っている人向けです。

そして、なおかつコンパクトにソロキャンプをしてみたい人向けです。

 

本格的に始めたい人やファミリー向けではないので気をつけてくださいね。

 

また、厳冬期はこの装備では正直きついです。

しかし11月頃までなら十分戦える装備だと思います。

 

まず、この辺りから初めて徐々に装備を整えてみてください。

 

テント

バンドックのソロドームです。

このブログでも何度か紹介させていただいています。

 

高い耐水圧と収納性が良く、小さいですが前室もありとても良いテントです。

入り口を跳ね上げると、簡易ながら屋根を作ることができます。

 

価格もかなり安いのでおススメです。

 

しかし、若干狭いので大柄な人は別のテントの方が無難です。

 

www.mocchixblog.work

 

 

グランドシート

最悪なくてもかまいませんが、テントの保護や結露防止にあったほうが良いでしょう。

GEERTOPのテントシートは非常に軽量で耐水性もかなり高いです。

 

大きさはMサイズがソロドームにぴったりです。

 

マット

キャプテンスタッグキャンプマットです。

低価格ながら厚みも20mmあり寝心地は問題ありません。

長さは182cmと結構長いので切って使うのもありだと思います。

 

エアータイプやインフレータブルマットはエアー漏れが怖いので候補から外しています。

 

シュラフ(寝袋)

寝袋は安すぎるのは避けた方が良いと思います。

しかし、Soomloomの寝袋はダウンシュラフなのに恐るべきコストパフォーマンスです。

 

サイズは大きめですが、この価格で650フィルパワーは凄いです。

羽毛量1000gのものがあれば、冬以外は問題ないと思います。

 

テーブル

キャプテンスタッグのアルミロールテーブルです。

定番中の定番でこれを持っていない人は殆どいないんじゃないですか?

 

定番すぎて「鹿番長のアレ」で通じるくらい有名です。

 

少々重いので、私は途中からSOTOのポップアップテーブルに変えましたがこちらの方が広いし背も高いので使いやすいです。

  

クッカー

焚火缶をおススメしたいところですが最初は取っ手がついていた方が便利ですのでスノーピークのトレック900をおススメします。

 

これも定番中の定番ですね!

 

www.mocchixblog.work

 

 

ウッドストーブ

初めは大きな焚き火台は必要ないと思います。

本格的にハマれば結局色々買うはめになります(笑)

 

中華製のウッドストーブは二次燃焼のおかげで火力も強く、しかも超低価格です。

 

最初の火遊びにはもってこいです。

 

www.mocchixblog.work

 

 

ナイフ

これはモーラナイフ一択ですね。

ヘビーデューティーがあれば薪割からちょっとした料理まで可能です。

 

カーボンをおススメしたいとこですが、ステンレスの方が扱いやすいと思います。

 

www.mocchixblog.work

 

ランタン

最初のランタンはLEDのものが良いと思います。

光量も十分ですし、充電式なので毎回電池の心配がいりません。

 

モバイルバッテリーとしても使えるのでとても優秀です。

 

ヘッドライト

ランタンがあってもヘッドライトは用意しておきましょう。

ヘッドライトは信頼と実績のGENTOS(ジェントス)で決まりです。

 

単三電池1本で7.5時間持ちます(Highモード時)。

エコモードなら20時間も持ちます。

 

価格も非常に安価です。

スポンサーリンク

 

 

まとめ 

今回は、とにかくソロキャンプを初めて見たいけど何を買ったら判らない人向けに装備を選んでみました。

 

これ全て買うと、ほぼ3万円(若干オーバーしましたが)で揃えることができます。

もう少し価格を絞りたかったのですが、これ以上絞ると失敗する恐れが高くなってしまいます。

 

また、本気でキャンプにハマっても十分使えるアイテムなので、その場合はこれをベースに色々買い足していけばいいと思います。

 

実際、私も今だ現役で使っているアイテムばかりです。

 

まずは、この辺の装備を持ってソロキャンプに飛び出しましょう!

ハマること間違いなしですよ。