もちくすブログ ーお外で遊ぼうー

40代サラリーマンの雑記帳 メインはアウトドア関係でキャンプとかバスフィッシングの記事を書いてます。

『昆虫は美味い!昆虫食まつり大阪』に行ってきました!

スポンサーリンク

こんばんは。

もちくすです。

 

以前、記事を書きましたが昆虫食のイベントに参加してきましたので取り急ぎ報告させていただきます。

  

www.mocchixblog.work

 

 

すごく濃ゆい内容でしたので到底今回だけでは書ききれません。

 

とりあえず、細かい内容とか思想とかは後日報告させて頂くとして今回はサクッとイベントの雰囲気だけでもお伝えしたいと思います

 

できるだけ簡潔にお伝えしたいですが、結構長くなると思います。

 

イベント内容

昆虫料理研究家の第一人者・内山昭一さんが『昆虫は美味い』という本を出版されたトークイベントで、実食ありサイン会(フリートークあり)といった内容でした。

 

f:id:mocchixblog:20190310202006j:plain

 

 

イベント会場へ

定時に仕事を終えそそくさと退社。社内の何人かに声をかけましたが当然のごとく「心の準備が・・・」とかの理由でお断りに。

 

そりゃそうですよね。

 

イベント会場のロフトプラスワンウエストは大阪の宗右衛門町にあり電車で行きましたが、外国人の多いこと。日本語より外国語(中華系)の方が多かったです。

 

で、圧倒されながらも会場へ。

 

f:id:mocchixblog:20190313013804j:plain

 

会場はトークライブハウスとのことで、アンダーグラウンド臭のするライブハウスって雰囲気でした。

 

f:id:mocchixblog:20190313013921j:plain

 

f:id:mocchixblog:20190313014559j:plain



 

オープン~スタート

私が会場入りしたのは比較的早かったので、前過ぎず後ろ過ぎない場所に座りました。

ワンオーダー制だったので、ビールを注文。

 

比較的早い時間だったのですが既に何組かお客さんが座られてました。

 

お客さんは少ないだろうと予想してましたが既にそこそこ入っていたので驚きました。

しかも、お一人様もチラホラいたのでさらに驚きました。

 

スタート時間まで時間があったので隣に座っていたお一人様っぽい女性に声をかけてみました

(やましい気持ちじゃないですよ?)

 

その女性は大学生の方で、将来を見据えた職業や研究テーマとして興味があったので参加されているとのことで、こういったイベントは初めてだそうです。

 

アンダーグラウンド臭がする会場で、すごく前向きな動機が聞けて安心しました。

 

もし、「ウェーイ!あたい普段から虫しか食ってないし!虫LOVE!」とか言われたらおそらく固まったと思います。

 

ちなみに、すごく可愛らしい娘さんでした

(いや、やましい気持ちじゃないですって!)

 

その後も続々とお客さんが来られてあっという間に会場は一杯に!

男女比は2:1くらいで、比較的若い方が多かったと思います。

 

f:id:mocchixblog:20190313014615j:plain

 

イベントスタート

まずは、内山先生が登場されて自己紹介やイベントの経緯などの説明をされました。

 

初めてお話されているのを聞きましたがとてもソフトな口調で話し方も上手ですぐに内山ワールドに引き込まれました。

 

f:id:mocchixblog:20190313014820j:plain

 

 

私的にはすごく興味のある内容ですが長くなるので機会を改めて書きたいと思います。

 

「虫寿司3種と糞茶セット」実食

おそらく皆さま興味あるのはここじゃないですか?

セットの内容は

  • イナゴの佃煮のにぎり
  • 蜂の子(黒スズメバチ)の佃煮のにぎり
  • 蚕のさなぎのにぎり(めんつゆ味)
  • 蚕の糞茶

といった内容のものでした。

 

f:id:mocchixblog:20190313014910j:plain

 

f:id:mocchixblog:20190313014921j:plain



 

順番に配られ、各々恐る恐る実食・・・ではなく、結構皆さん興味津々に味わって食べてたと思います。

 

結論から言うとどれも美味かったです。

イナゴの佃煮・・・美味い!甘い!香ばしい!

蜂の子   ・・・美味い!甘い!香ばしい!

蚕のさなぎ ・・・美味い!外はカリッと中はクリーミー!豆系の味!

糞茶    ・・・匂いは少し癖あり。羊臭?味は少し豆の味がする普通のお茶

 

ボキャブラリーなくてすいません。

 

でも、どれもホントに美味かったです。

 

驚いたのはご飯と合わせても違和感が全くなかったことでしょうか。

 

ただし、美味いというのは普通に食材としておいしいといった意味でおかず的な美味さでした。

ニュアンスが伝わらないかもしれませんが・・・。

 

私は今まで何回か虫を捕って食べたことがありますが、揚げただけとか炒っただけとかだったのでちゃんと調理すればさらに美味しくなることがわかりました

 

普通に我々が口にしている食べ物と違和感はほぼないはずです。

 

ただ、佃煮系は佃煮の味が強くて虫自体の味がよく判らなかったのが残念でした。

 

座談会

内山先生とその道のプロの方々(昆虫食ビジネスの方や、研究者)との座談会です。

ここも興味深い内容でしたが、今回は割愛します。

 

申し訳ありません

 

ただ、皆さん真剣に昆虫食の普及に尽力されていてそれについての熱さは伝わってきました。

 

f:id:mocchixblog:20190313015057j:plain

 

フリートーク&物販

イベント終了後、内山先生の著書や昆虫食の販売会。

および、各方々とのフリートーク会。

 

わたしは、とりあえず実食をしたかったので並んで購入しましたが買えるまでかなり時間がかかりました。

 

本当はゆっくりお話をお聞きしたかったのですが、時間的に挨拶程度しかできませんでした。

 

ちなみは私が購入したのは

  • クマゼミの幼虫の燻製
  • オオスズメバチのバター炒め(幼虫&成虫)
  • セミ串揚げ
  • タイワンツチイナゴの天ぷら(だと思う)

でした。

 

f:id:mocchixblog:20190313015159j:plain

 

 

f:id:mocchixblog:20190313084613j:plain

 

 

 

私のボキャブラリーでは食レポ無理なので、簡潔に申し上げます。

 

美味かった!

 

です。

 

特にスズメバチの幼虫は魚っぽくて新鮮な味でした

 

 

残念だった点

イベント会場の雰囲気もあると思いますがサブカルチャー的要素があり一過性の流行で終わってしまう危うさ見たいなものを感じました。

 

また、実食の量も少なくほんとに味見をしている感じで、しっかりと味わうことができませんでした。

 

また、物販で購入しましたが結構値段が高く、イベントだから購入するけど普通は買わない値段設定でした。

 

まとめ

昆虫食についてはメディアで取り上げられることが多くなり、知名度は上がってきてますがまだまだキワモノ扱いされるものです。

 

しかし、きちんと調理をすれば他の食材同様に美味しく食べられることがよくわかりました。

 

イベント自体は面白かったのでまた参加したいと思いました。

  

f:id:mocchixblog:20190313015242j:plain