もちくすブログ ーお外で遊ぼうー

40代サラリーマンの雑記帳 メインはアウトドア関係でキャンプとかバスフィッシングの記事を書いてます。

Amazonで買った格安ワイヤレスイヤホンが素敵すぎて感動した

スポンサーリンク

こんにちは。

 もちくすです。

 

物質主義の皆様。

物欲爆発させていますか?

 

私は相変わらず物欲の塊で「お前は強欲なので120歳まで生きる」と、奥様からありがたいお言葉を頂いております。

 

そんな物欲の塊の私が、先日のAmazon「ブラックフライデーセール」でまたもワイヤレスイヤホンをポチってしまいました。

 

購入したのは「ENACFIRE」というメーカーの「E18 Plus」という商品です。

f:id:mocchixblog:20191127141646j:plain

 

ワイヤレスイヤホンにはあまり良い思い出がなかったため敬遠していたのですが、最近筋トレやランニングするにはワイヤレスの方が良いなぁなんて思っていたところ、セールで安くなっていたのでついつい買ってしまいました。

 

正直あまり期待せずに買ったのですが、個人的にかなり良かったので紹介したいと思います。

  

ENACFIRE E18 Plus

今回購入した完全ワイヤレスイヤホンは実は2台目になります。

 

以前購入したイヤホンは音切れは酷いし音質はお世辞にも良いとは言えず、正直不満が多い製品でした。

 

おまけにシャツの胸ポケットに入れて洗濯してしまい、あっけなく殉職してしまいました。

f:id:mocchixblog:20191127141656j:plain

殉職した初代ワイヤレスイヤホン

 

そんなこともあってワイヤレスイヤホンにはあまり良い印象がなくそれ以来しばらく有線を使っていました。

 

しかし今回購入した「E18 Plus」は比較にならないくらい良いものでした。

個人的に気に入った点は以下の点です。

 

個人的に良かった点

有線イヤホンに匹敵する音質

有線の同価格帯のものと遜色がないくらい音質はクリアです。


これは非常に驚きました。


音域は全体的にフラットな印象で、低音だけ響いたり高音がキンキンするようなことはありません。


Apt-X対応ということもあり、遅延も少なく聴いていてとても気持ちが良いです。

 

気持ちが良いので素直に曲に没入でき、筋トレやランニングのテンションが上がりまくりです!

 

ちなみに通話用ノイズキャンセルはついていますが、アクティブノイズキャンセルはついていないので注意してください。

 

それでも十分音楽に没入できますよ。

 

軽量で耳にフィットする

片耳の重量はなんと4.5gです!

f:id:mocchixblog:20191127141650j:plain

イヤーピースも付属で沢山ついており耳にフィットするので、少々激しい動きをしても外れることはありません。

 

運動に使うことが多いのでここは重要なポイントです。

 

操作は物理ボタン

以前購入したイヤホンはタッチ式だったため、触った瞬間に勝手に操作されることがあったのですが、こいつは物理ボタンなのでそのようなことがありません。

 

また、手袋をしていても操作できるのもありがたいです。

 

IPX7防水

以前のものは洗濯で殉職してしまったので、防水性能が高いのは個人的にはうれしい点です。


まあ洗濯してしまってはどんなイヤホンも無事では済まないでしょうが、少しでも助かる確率が高いのはありがたいです。

 

IPX7の防水があれば雨の中でも曲を聴きながらランニングできますしね!


しないけど。

 

自動ペアリング

収納ケースから出すだけで、自動で電源が入ってペアリングしてくれます。


また、ケースに収めると勝手に電源が切れてペアリングが解除されます。

 

この機能すごい便利!

 

すぐに音楽聞きたいときに邪魔な手順が無いのは良いですね。

 

十分な再生時間

イヤホン単体で6~8時間。ケースで充電しながら使用すれば40時間使えます。

 

6~8時間もイヤホンを使いっぱなしってシチュエーションはまずありませんので、もうこれで十分すぎます。

 

キャンプなどのアウトドアに持って行っても時間を気にせず使えそうです。

 

Qiワイヤレス充電対応

私はワイヤレス充電器を持っていないので、個人的に良かったポイントからは外れますが、将来的に使ってみたい機能です。

 

置くだけ充電っていうだけで なんだかワクワクします(笑)

スポンサーリンク

 

 

気になる点

音飛びする

曲を聴きながら横で電子レンジを使ったら音飛びしまくりました(笑)

 

電子レンジは極端な例ですが、どのワイヤレスイヤホンも大なり小なり電波干渉の影響はしかたありません。

 

通常の使用では稀に信号等で音飛びすることがありますが、私は殆ど気にならず使用できています。

 

スクランブル交差点とかは試してないのでわかりませんが。

 

ワイヤレスイヤホンとして見たら十分な合格点だと思います。

 

イヤホンで音量調整ができない

音量調整の機能は無いようなので、送信元で調整しないといけません。


私はそこまで困ることはありませんが、気になる人は大きなマイナスポイントかも。

 

ちなみに、再生/停止/曲送り/曲戻し/電話に出る/電話を切る・・等の操作はイヤホンで可能です。

スポンサーリンク

 

 

まとめ

今回の買い物はそこまで期待していなかっただけに嬉しい誤算でした。

 

これだけの音質の完全ワイヤレスイヤホンが、¥4,999(2019.11.27現在)で買えるってのは正直驚きです。

 

もし、ワイヤレスイヤホン購入で迷っている方がおられましたら選択候補に入れてもいいと思います。


タイムセールでさらにお得になるのでその時を狙ってみるのも良いかもしれません。


最近、トレーニング以外で音楽を聴くことが少なくなってきていたので久しぶりにスマホに色々曲を突っ込もうと思います。