もちくすブログ ーお外で遊ぼうー

40代サラリーマンの雑記帳 メインはアウトドア関係でキャンプとかバスフィッシングの記事を書いてます。

【Hubsan H216A】Video DeShakeで空撮動画の手振れ補正をしてみました

スポンサーリンク

こんにちは。

もちくすです。

 

先日からドローン関連のYouTubeを見まくっております。

いやー、本当に素晴らしい映像ばかりで見ているだけでワクワクしてきます。

 

私が持っているドローンは200g未満のいわゆるトイドローンです。

 

1万円程度で買えるドローンの中ではかなりきれいな空撮映像が撮れるのですが、どうしても「MAVIC」や「SPARK」などと比べると見劣りしてしまいます。

 

当然ジンバルや手振れ補正機能などついていないので比較すること自体間違っているのは十分承知しているのですが、少しでも滑らかな動画を撮りたいと思うのが人情というもの。

 

しかし200g以上の本格ドローンになってくると飛ばす場所がないし、そもそも買えません!

 

もうハードウェアで撮れないならソフトウェアに頼ってしまえ!

 

ということで、ソフトウェアで映像を補正することにしました。

 

ネットで色々フリーソフトを探して試してみたところ「Video DeShake Free」というフリーソフトが一番操作が簡単でそれなりな補正ができました。

 

まずは比較動画を作ってみたのでご覧ください。


HUBSAN H216A 手振れ補正比較動画

 

操作が下手くそすぎて涙が出るレベルですが、そこはそっとしておいて下さい。

 

比較してみると判りますが、補正をすることで中々滑らかになりました。

 

使い方も非常に簡単なので紹介したいと思います。

  

インストール

ダウンロードは下記リンクからできます。

 

Video DeShake Free - Video Stabilizer Free Download

 

ダウンロードしたら解凍し「VideoDeShakeFree.exe」を実行します。

 

あとは手順に従って進めていくとインストール完了です。

 

使い方

使い方はめちゃめちゃ簡単です。

 

起動すると下のような画面が立ち上がります。

 

f:id:mocchixblog:20190821002947p:plain

 

使い方は補正したい動画ファイルをドラッグ&ドロップで追加し、「DeShake」ボタンを押すだけです。

 

複数のファイルを連続して変換することも可能です。

 

また、「DeShake」ボタンの横のチェックボックスで補正後のファイル形式を変換することもできます。

 

補正の強さは上のメニューバーの「File」→「Options」で変えることができます。

f:id:mocchixblog:20190821004242p:plain

 

デフォルトの値は上記になりますが私は今のところ下記設定に落ち着いています。

  • Shakiness:10 
  • Accuracy:15
  • Stepsize:6
  • Mincontrast:0.2
  • Smoothing:7

この辺の値は好みもあると思うので色々試してみてください。

 

補正に結構時間がかかるので、短い動画でためした方が良いと思います。

 

体感的にSmoothingを上げ過ぎたら不自然になったのであまり上げ過ぎない方が良いと思います。

スポンサーリンク

 

 

まとめ

手振れ補正ができるフリーソフトは色々あるのですが、面倒臭い設定が無くワンクリックで補正ができるので非常にお手軽で気に入りました。

 

トイドローンの空撮画像でも補正をかければそれなりに見えるので、今後も色々試してみたいと思います。

 

一番良いのは撮影技術が上達することなんでしょうけどね。

 

それでは!