もちくすブログ ーお外で遊ぼうー

40代サラリーマンの雑記帳 メインはアウトドア関係でキャンプとかバスフィッシングの記事を書いてます。

【Hubsan H216A】ドローンのベアリング交換したらプロペラの回転が良くなった

スポンサーリンク

こんにちは。

もちくすです。

 

先日、久々にドローンを飛ばしたらスッゲー楽しくて最近ドローン熱がやばいです。

 

ただ、なかなかトイドローンとは言え気軽に飛ばすことができる場所はなく日々悶々と過ごしております。

 

仕方ないので、この機会に先日モーター交換をしたときに気になったベアリング交換を行いました。

 

「Hubsan H216A」はモーターに結構負荷がかかっていると思われますので、ベアリング交換することでモーターへの負荷を無くし飛行性能とモーター寿命を延ばすことが狙いです。

 

やってみると凄く簡単にできて、効果も絶大なので今回紹介したいと思います。

 

ベアリングは国産のものに限る

今回購入したのは「ミネベア」のミニチュアベアリングです。

 

当然海外製の物より値は張りますが絶対的な信頼感が違います。

海外製の品質も良くなってはいますが精密部品はまだ国産に分があると思います。

 

そう言ったわけでアマゾンで10個セットの物を購入しました。

 

交換手順

前回モーターを交換した時のようにサクッとバラします。

 

www.mocchixblog.work

 

ドローンに付属しているドライバー1本で バラすことができますが、ここは是非ちゃんとした精密ドライバーを使っていただきたいと思います。

 

この手の記事を読んでおられる方はメンテナンス等で何度も分解をすることになると思いますので、しっかりした工具を持たれた方が良いと思います。

 

この辺のドライバーセットがおススメです。

で、分解したらシャフトを抜いて各モーターマウントに2個づつベアリングがついているので外します。

f:id:mocchixblog:20190820003207j:plain

f:id:mocchixblog:20190820003707j:plain

 

ベアリングはシャフトを挿入して優しくこじってやれば外れます。

無理やりはダメだからねっ!!

 

今回私は購入したベアリングについている、余分な油を落とすためにパーツクリーナーで洗浄しました。 

f:id:mocchixblog:20190820004008j:plain

 

洗浄後しっかり 乾燥させたのちリール用の「オイル」を1滴づつ垂らしておきます。

1滴で十分です。やりすぎると回転性が落ちます。

 

ついでに、シャフトの汚れを落としギアには「グリス」を薄く塗っておきます。

ここでもつけ過ぎは厳禁ですよ。

f:id:mocchixblog:20190820005126j:plain

 

あと、くれぐれも「オイル」と「グリス」は間違わないようにしてくださいね。

私はこのセットを使っています。

f:id:mocchixblog:20190820005048j:plain

リールのメンテナンス用に使っているものですが、必要十分な性能です。

 

あとは、元通り戻してあげるだけですがベアリングの向きが一応あるので注意してください。

f:id:mocchixblog:20190820010157j:plain

逆でも問題はありませんが多少でもホコリが入りにくいように組み込みます。

ちなみに左のようにボールが見えない方が外側になるようにします。

 

あと、ベアリングがモーターマウントにしっかり嵌っていないと回転に影響が出ますので浮きが無いようしっかりはめ込んでください。

スポンサーリンク

 

 

まとめ

ベアリング交換後にモーターを回してみましたが、交換前に比べて明らかに音が小さくなりました。

 

間違いなくモーターへの負荷が小さくなっていますので、あとはどのくらい飛行安定性に効果があるのか気になるところです。

 

ベアリング交換自体は30分程度で簡単にできてなおかつ効果も見込まれますのでおススメなカスタムだと思います。

 

国産ベアリングは少々値が張りますが品質は間違いないのでここはケチらずにサクッと変えてしまいましょう! 

 

ちなみに最初にマウントされていたベアリングを洗浄したらこんなに油が付いていました。

f:id:mocchixblog:20190820012005j:plain

 

それでは!