もちくすブログ ーお外で遊ぼうー

40代サラリーマンの雑記帳 メインはアウトドア関係でキャンプとかバスフィッシングの記事を書いてます。

【ソロキャンプ】アンダーキルトを使えばハンモックは最強の冬用装備に!

こんにちは。

もちくすです。

 

 そろそろ寒さも和らいで、だんだん春めいてきましたね。

 

若干季節を外してしまった感がありますが、ハンモック用のアンダーキルトを紹介します。

 


f:id:mocchixblog:20190304224701j:image

 

当ブログではハンモックをたびたび紹介してますが、本当におすすめなのでぜひ皆さん試してみてください。

 

www.mocchixblog.work

 

しかし、ハンモックにも弱点があります。

 

背中側は生地一枚なので夏場は涼しくて非常に快適ですが、冬場は寒さを防ぎようがありません。

 

 

背中側にマットを敷き冬用シュラフを使用しても、背中側のシュラフは体重で潰れてしまい保温効果が極端に下がってしまいます。

 

しかし、アンダーキルトを使用すれば問題は解決するどころか、テント泊では不可能な背中側に暖かい空気層を作ることができるので、テント泊より快適に眠ることができます。

 

しかし顔は冷えるので、バラクラバ等用意しとくほうが良いです。

 

設営は簡単

アンダーキルトにショックコードとミニカラビナがついているので引っかけるだけです。

 


f:id:mocchixblog:20190304224931j:image 

 

アンダーキルトには体重はかかりませんのでこれでも十分です。

 

問題は大きさ

収納サイズがでかいです。

 


f:id:mocchixblog:20190304225005j:image

 

 

私の所有しているアンダーキルトが冬用ということもあるのですが、まあまあな大きさです。

 

しかも、ハンモック・アンダーキルト・シュラフ・タープと必要になってくるので結構かさ張ります。

 

これは、冬場のキャンプでは致し方ないとは思いますが、ダウンのアンダーキルトを使ったりと工夫すればある程度解消されると思います。

 

私にはダウンのアンダーキルトなんて買えませんが。

 

価格

私の購入価格は¥6,000弱ほどでした。

3シーズン用だと¥1,000ほど安いようです。

 

まとめ

真冬にハンモック泊をしたときは、氷点下4度まで下がりましたが3シーズン用シュラフとエスケープビビィでも凌ぐことができました。

 

www.mocchixblog.work

 

アンダーキルトを使用すると地面からの冷気を防ぐことができ、テント泊にはない楽しさを味わうことができるのでぜひ一度チャレンジしてください。

 

その際は、フェイスマスクやバラクラバもお忘れなく!

 


f:id:mocchixblog:20190304225316j:image