もちくすブログ ーお外で遊ぼうー

40代サラリーマンの雑記帳 メインはアウトドア関係でキャンプとかバスフィッシングの記事を書いてます。

【ソロキャンプ】アンダーキルトを使えばハンモックは最強の冬用装備に!

スポンサーリンク

こんにちは。

もちくすです。

 

 そろそろ寒さも和らいで、だんだん春めいてきましたね。

 

若干季節を外してしまった感がありますが、ハンモック用のアンダーキルトを紹介します。

 

当ブログではハンモックをたびたび紹介しておススメしていますが、本当に快適で一度使ってみるときっと手放せなくなる事と思います。

 

まず、地面から離れていることで様々な制約から解放されます。

 

あとは、僅かに揺られながら包まれている感覚。

 

これはハンモックでしか味わうことができません。

 

他にも色々ありますが今回は割愛。

 

www.mocchixblog.work

 

しかし、そんな快適なハンモックですが弱点があります。

 

めっぽう寒さに弱い。

 

背中側の生地は一枚なので夏場は涼しくて非常に快適ですが、冬場は寒さを防ぎようがありません。

  

背中側にマットを敷き冬用シュラフを使用しても、背中側のシュラフは体重で潰れてしまい保温効果が極端に下がってしまいます。

 

これを解消するのにアンダーキルトという装備があります。

 

これをつかえば一転してハンモックは最強の冬用装備と変化します。

 

マジで。

 

 

OneTigris(ワンタイガー)アンダーキルト

アンダーキルトはハンモックの背中側を覆うカバーになります。

 

背中を覆うことで、ハンモックとアンダーキルトの間に暖かい空気層を作ることができるためハンモックの弱点を解消し、さらに暖かく快適になるのです。

 

私が使用しているのはOneTigrisの冬用アンダーキルトです。

f:id:mocchixblog:20200816121838j:plain



アンダーキルトはダウンのものと化繊のものがありますがOneTigrisのものは化繊になります。

 

種類は3シーズン用と冬用の二種類です。

 

冬用は1200gで-5℃~5℃、3シーズン用は900gで5℃~20℃となっています。

 

私が所有している冬用のものは結構かさ張りますが、その分非常に暖かく過ごすことができます。

 

f:id:mocchixblog:20200816120307j:plain

 

アンダーキルトを使えば非常に暖かく過ごせるのですが、顔はむき出しで冷えるのでバラクラバ(目だし帽)等用意しとくほうが良いと思います。

 

設営は簡単

アンダーキルトにショックコードとミニカラビナがついているのでハンモックのストラップに引っかけるだけです。 

f:id:mocchixblog:20200816124937j:plain

アンダーキルトには体重はかかりませんのでこれで十分です。

 

コツとしてはハンモックとアンダーキルトの隙間はできるだけ開けない事です。

 

せっかくの暖かい空気を逃さないようにセットしましょう。

 

問題は大きさ

前述しましたが収納サイズがでかいです。

 

私の所有しているアンダーキルトが冬用ということもあるのですが、まあまあな大きさです。

 

しかも、ハンモック・アンダーキルト・シュラフ・タープと必要になってくるので結構かさ張ります。

 

 

ダウン製のアンダーキルトはコンパクトに収納できますが、私にはとても手が出せる価格ではありません。 

 

冬用装備はかさ張るものと諦めます(笑)

 

価格

私の購入価格は¥6,000弱ほどでした。

3シーズン用だと¥1,000ほど安いようです。

 

まとめ

真冬にハンモック泊をしたときは、氷点下4度まで下がりましたがアンダーキルト、3シーズン用シュラフ、エスケープビビィで凌ぐことができました。

 

www.mocchixblog.work

 

アンダーキルトを使用すると地面からの冷気を防ぐことができ、テント泊にはない楽しさを味わうことができるのでぜひ一度チャレンジしてみてください。

 

その際は、フェイスマスクやバラクラバもお忘れなく!

f:id:mocchixblog:20200816124944j:plain

ハンモックはいいぞー!
 

↓3シーズン用アンダーキルト

 

↓冬用アンダーキルト

 


にほんブログ村ランキング・人気ブログランキング参加しています!
「いいね」と思ったら↓↓↓クリックお願いします!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 


人気ブログランキング