もちくすブログ ーお外で遊ぼうー

40代サラリーマンの雑記帳 メインはアウトドア関係でキャンプとかバスフィッシングの記事を書いてます。

【キャンプ】【軽量】格安コットでキャンプを快適にしよう

スポンサーリンク

こんにちは。

もちくすです。

 

キャンプでの就寝で、一番の敵は地面からの冷えです。

冬場ですとマットを敷いても、なかなか完全に地面からの冷気を遮断できません。

 

冷気を遮断するには、地面から離れることが一番です。

 

ハンモックもそうですが、コットを使用すれば地面から離れることができ快適に眠ることができますよ。

 


f:id:mocchixblog:20190304134710j:image

 

私が所有しているのはAmazonで購入した「DESERT WALKER」のコットですが、有名ブランドのコットにひけをとらないくらい優れてますので紹介します。

まあ、有名ブランドのコット使ったことないんですけどね・・・。

 

ちなみに冷気を防ぐにはハンモックとアンダーキルトの組み合わせが最強だと思ってます。

 

ハンモックの記事はこちらをご覧下さい。 www.mocchixblog.work

  

www.mocchixblog.work

 

 

軽量・コンパクトな収納

重量がなんと1.3kgしかありません。ヘリノックスのコットワンは2,320gです。

収納寸法もコットワンが54×16×16cmに対して49×10×10cmとかなりコンパクトです。

 


f:id:mocchixblog:20190304134736j:image

 

バックパックに付けて運べる大きさです。

 

しっかりした作り

軽量・コンパクトだからといって決してガタついたりグラついたりしません。

安定して眠ることができます。

 

カタログスペックでは200kgまで大丈夫だそうですが、実際はどうなんでしょうかね。

 

結構使ってますけど今のところ全く問題ありません。

 

組み立て易さ

メインボールを2本シートに突っ込み、足を4本引っかけるだけです。

超簡単で5分あれば組み立てられます。

 


f:id:mocchixblog:20190304134817j:image


f:id:mocchixblog:20190304134836j:image

 

ただ、足を取り付けるのは少し力が要るので女性は少し苦労するかもしれません。

 

体重をかけながら組み立てると楽に組み立てできます。

 

1万円を切る価格

有名ブランドのコットは平気で3万とかしますが、驚異の1万円切りです。

これは、私のような小遣いキャンパーには嬉しい限りです。

有名ブランドの性能差と価格差を考えると、有名ブランドのコットに手を出す気にはなかなかなりません。

 

気になる点

長さは185cmと十分なのですが、横幅が60cmなので少し狭く感じるかもしれません。

私は小柄なので気になりませんが、ここは人によるかも。

 

ちなみにコットワンは68cmと大きめです。

 

あと、シートの張りぐあいも少し沈む感じで弾く感じではありません。

また地面からの高さもコットワンの16cmに比べ15cmと1cm低いです。

 

それでも十分高いので、地面に当たることはありませんが気になる人もいるかもしれません。

 

身長160cmの奥さまに寝てもらいましたので参考にして下さい。体重は秘密です(笑)


f:id:mocchixblog:20190304135239j:image

 

まとめ

  • 有名ブランドものと比較しても大きな性能差はない。むしろ、重量や収納性ではこちらの方がよい。
  • 価格は圧倒的に安い。
  • 組み立ては多少コツはいるが超簡単に組み立てできる。
  • 幅は少し狭いため、大柄な人は窮屈。

 

先日、子供がインフルエンザになり私も付き合わされて隔離されたとき、このコットで一週間ほど眠りましたが普通に眠るかとができました。

 

むしろ、キャンプ気分で楽しかったです(笑)